モバイル開発に興味はないが、競馬アプリをAndroid端末で動かしたい、という思いが出てきた。
競馬データ検証は、PC上でしかできないためだ。
だが、Enbacaderoのappmethodの登場!
モバイル開発が簡単に行える!しかも、C++だと、無料で使える、ときたもんだ。

ぼくは、仕事で、C++Builderで、3Dグラフィックやら、いろいろとしている。
このappmethodは、簡単にいうと、C++Builderのモバイル開発版だ。
だから、なじみやすい。

C#の設計者は、C++Builderの設計者ということからも、C#使いの人でも、すんなり馴染めるだろう。
なんせ、C++Builderの出来が良すぎて、マイクロソフトがC++Builderの設計者をひっこぬいだんだろうから。

競馬のデータ検証は、だいたい終わり、確実に勝つ方法もわかったので、
これからは、PCを持たない人でも、競馬データで遊べるAndroidアプリの開発に
着手していく所存です。

※サンプルのデータベースアプリが、SQLiteというところも良い。
SQLiteを使って、モバイル開発がしたい、と思ってた。
appmethodのサンプルが、このデータベースエンジンを使っているので、渡りに船とは、このことだ。
ラッキー!

 
1