Calender

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

Recent Trackback

w closet×JUGEM

smart phone

iPhoneとAndoroidの差 電卓

 携帯電話やAndoroidの電卓とiPhoneの電卓は、スペックが異なります。
えっ?どこが?
こんな話題は、だれも見向きもしないでしょうけど、ソフトウェア開発をやってるおいらたちは、おもろいんだよねー。

一般的には、Andoroidは、携帯電話に近い感じがあって、お財布機能とか、まあ、日本らしい機能の実装で、iPhoneは、外人が作ったものだから、日本人が喜ぶ機能は実装されていない。
あと、iPhoneの方が、アプリの動作がスムーズに感じる、というのも、Andoroidを持ってる人がiPhoneを見たときに、よく聞くことだ。

しかし、電卓も違うのです!!!
まあ、鼻息荒く言う話でもないのですが・・・

10+10×10=という計算をしてみてください・・・
高機能電卓やWindowsPCの電卓、iPhoneは、110という結果となります。
Andoroidや携帯電話では、200という答えが出ます。
つまり、数値以外の+やら×やら=やらが押されたら、一度計算をして、1個のワークメモリーに、ぶちこんでるっちゅうことやね。
iPhoneは、すべての入力内容をワークメモリーにぶちこんでるんやね。

iPhoneは、どうも、double型の最大値まで、表示してくれるようだ。
いま、ばこばこかけ算をやってみた。
そして、オーバーフローを起こすと、結果表示エリアに「エラー」と出た。
ちょっと、満足。
プログラマーにとって、プログラムの限界を試して、結果を見るのは、結構、わくわくするものなのだ。

携帯電話(911SH)では、オーバーフローになると、「E」の表示のみが表示された。

  • 2011.07.24 Sunday
  • 07:45

Comment
Send Comment








   
この記事のトラックバックURL
Trackback