Calender

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

Recent Trackback

w closet×JUGEM

horse racing handicapper

よしさんからコメントをいただきました

複勝回収率120%について、お話を聞かせてほしい、という内容のコメントをよしさんから、いただきました。
訪問してくださり、ありがとうございました。

さて、お話ですが、核心に迫る内容は、やはり、できかねる、というのが、正直なところです。
なにせ、12年以上の歳月をかけて、ようやく、実りを収穫する、という段階ですからね。

それ以外なら、ぼんやりとは、お話できます。
ちなみに、よしさんの予想は、どんな感じでしょう?
僕は、最近、いろいろな予想方法を取り込むことを考えています。
例えば、しゃべる馬のまつりだごっほさんの有料会員になったりしてます。
また、PlusBuilder iという競馬ソフトを使ってます。
JRA-VANのソフトなんかも、これから、片っ端から、使ってみて、感触をサイトで報告していこうと思ってます。

僕の理想は、定額で賭けて、一定の的中率、回収率に落ち着く方法です。
年間、1000点くらいの賭ける対象があれば、なおよし、です。
卍さんが、何がすごいかっていうと、買うレースの数だと思います。

的中率90%のサイト(ハッピー90%軸馬)の有料情報を買いました。
内容は、すばらしかったです。
ただし、唯一、惜しいのが、年間の購入点数が少ないことです。

アインシュタインが、言っていた、といわれる、すごい発明、複利。
これに、のっかれないのです。
アインシュタインだけでなく、今のインターネット、つまり、情報通信の祖である、
シャノン先生も、晩年は、黒板に、複利計算式を書いていたようです。

つまり、株でも、競馬でも、勉強でも、なんでも、複利を活かさない限り、その日暮らしみたいなものです。
資本をいかに、増幅させるか。  その1点だと思います。

だから、サラリーマンは、どれだけがんばっても、毎日、8時間+通勤時間を奪われるのです。
サラリーマンでも脱出する手段は、均等にチャンスがあるもの。
且つ、お小遣いの範疇で、実行できるもの。
しかも、ライバルが少ないもの。

すると、競馬以外には、ないのです。
競馬と複利を利用すれば、年間、数千万円を入手することも可能です。
何度も計算してみました。

40歳後半になって、徹夜で作業とかって、辛いでしょう?
それで、倒れでもしたら、ねえ。
実際、僕は、身近の先輩を見て、体験しているので、切実です。

サラリーマンには、安定も退職金も約束されていません。
年金すら、怪しいです。

だとしたら、自分で、増幅する手段を考えるしかありません。
競馬だったら、紙と鉛筆があれば、必勝法を作ることが可能です。
僕の必勝法がそうですから。
おそらく、世の中で、競馬の必勝法を編み出した人は、すべて、アナログで開発したでしょう。

パソコンを使って、プログラムを使ったり、膨大なデータで、バックテストを行うのは
単に、検証するだけです。
特別なスキルは必要ありません。

絶対に負けない方法を毎秒、考えているかどうか、だけです。
それ以外は、考えない。

天才バカボンを見てるときも、書籍を読んでるときも、いつも、頭の片隅には
必勝法のことを考える、という習慣をつけること。

そういえば、スマホをテザリングして、PCをネット接続しています。
さすがに、遅さのストレスに耐えることが厳しくなってきました。
作業効率が低下するので、やはり、ぷららモバイルLTEを契約するか、と決意しました。さきほど。

しかーし!
契約の入力をして、確定したら、以前の支払いに問題があったので、だめ、って言われた。
どういうこと?
まさか、Toppaの問題が、関係してるのだろうか?
電話して、確かめてみよう。
1週間以上、熟考して、ようやく、出した結論なのに。

仕事で、一緒に食事をする人がマイネオに入っていて、ぷららモバイルLTEより速度が
速いことが判明した。
ぷららモバイルLTEに決めた要因は、無制限であること。
しかし、ぷららモバイルLTEがだめなら、マイネオにしよう。

ぷららモバイルLTEは、最速で、3Mくらいらしい。通常は、1〜1.5Mくらいみたい。
一方のマイネオは、10Mくらい出るんだって。
しかし、今、マイネオは、契約者がすごいみたいなので、速度のことは、一ヶ月後には、どうなってるやら。
また、間を置いて、きいてみよう。

 
  • 2015.11.07 Saturday
  • 03:45

Comment
Send Comment








   
この記事のトラックバックURL
Trackback