KSC投票プラグイン for 地方競馬のマニュアルを読んだ。

何ができるかは、だいたい理解した。

オッズ取得と投票ができる、ということです。

テキストファイルに買い目を出力しておいて、KSC投票プラグインを起動すれば、OK。

シンプルですね。

 

また、自動運転機能が実装されているので、ファイルに買い目を出力せずとも、投票できる。

 

 

競馬の必勝法開発において、何が必要であるか?をはっきりさせておきます。

1.必勝法のロジックを考案する。

2.ロジックが正しいか、検証する。

3.実践投入する。

 

このようなステップになります。

僕の場合は、1.と2.のフェーズで、トライ&エラーを繰り返して、12年かかりました。

 

ロジックは、できるだけ、単純なものが良いと思います。

複雑にすると、検証するにも、何が正しいのか、判別がつきがたいものになるからです。

 

当競馬学校では、僕が考えたロジックの失敗例をお見せします。

何かしらの例があれば、ロジックを検討しやすいからです。

 

ロジックが正しいか、検証をする時は、最初は、エクセル上でも良いと思います。

※ロジックの内容によっては、エクセルで実現するのに困難なこともあります。

例えば、締め切り直前5分前の単勝人気8番で、JRA-VANデータマイニングの順位が3位以内に賭ける。

というような例。

締め切り直前5分前のデータの取得には、プログラムが必要でしょう。

いずれ、取得ツールは提供する予定です。

※プログラムは、すでに、作成しているので、提供できる形にするだけです。

JRA-VANデータマイニングのデータは、JRA-VANに入会する必要があります。

※JRA-VANデータマイニング以外にも、指数はいろいろあります。有名なところでは、コンピ指数です。

 

検証データの母数としては、最低でも、3年は必要だと思います。

データの詳細は、

’亘茱譟璽江霾

∧Гぬ瓩珪霾

JRA-VANデータマイニング情報

の3点です。

 

これらを使用して、回収率、的中率、購入点数を出力します。

 

払い戻し情報は、Webから情報が入手可能です。

南関競馬の払い戻し情報の取得プログラムの開発は、完了しました。

Webページを保存して、プログラムにページを渡すと、データを出力するものです。

このデータをエクセルやデータベースに取り込むことが可能です。

試しに使ってみてください。

使用方法は、

http://www.nankankeiba.com/repay/20160909210801.do

以下のWebページを開きます。

右クリックで、名前を付けて保存、でWebページを保存します。

保存したHTMLを当ソフトの右空白部分にドラッグ&ドロップします。

馬番をチェックして、ボタンを押下すれば、指定されたフォルダにデータファイルが出力されます。

※僕が必要なデータは、複勝だけですので、とりあえず、複勝の馬番、払い戻し情報のみです。

希望があれば、すべてのデータを出力するように改造します。

 

ソフトは、圧縮してあります。

解凍パスワードは、メールにて、問い合わせてください。

メールアドレスは、okusen馬buhi-buhi.com

です。馬を@にしてくださいね。

 

以下のリンクを右クリックで、保存してください。

南関競馬の払い戻し情報取得プログラム

 

※9月いっぱいまで、使用可能にしています。

 

タスマニア旅行を計画中です。

もし、実際にタスマニア旅行をされた方がいらっしゃいましたら、ぜひ、いろいろと教えてください。

 

それでは、今日も、みなさんに、フォースのあらんことを!

 

コメント
コンピ指数出力ツールはもういただけませんか
  • by かず
  • 2016/09/15 2:41 AM
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL