図書館の新刊コーナーに、アクティブラーニング関連の書籍があったので、貸出しできる最大限まで、貸出し。
一番、心に残ったキーワードは、「足りないところを指導する、のではなく、子どものよさをもっと引き出していく」というところ。


木登りする娘。
コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL