Calender

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

Recent Trackback

w closet×JUGEM

-

無料でデータを取得する方法

競馬の過去の結果やオッズ、リアルタイムオッズを取得するのは、プログラムを作成したら可能です。

 

このプログラムとコンピ指数などを利用したら、統計学などを知らなくても

競馬の必勝法は完成します。

 

その方法を伝授するのが、億馬券学校です。

 

自宅では、作業ができないので、悶々としていました。

どうすればいいのか?

仕事場には、パソコンは持ち込めない・・・。

そうか、ロッカーにおいておけば良いのだ。

 

そうして、先週から、パソコンを持って通勤をしています。

パソコンは重いですが、好きなことをできるのは楽しい。

 

今日は、後輩の教育で残業です。

雑談で、Amazonギフトカードで、金銭のやりとりをしていることを知った。

少額決済は、数年前から、調査していたが、こんな手があるとは!

 

手数料無料で、500円くらいからの金銭授受ができる。

やしろあずきの話も出た。

 

まずまず、収穫のあった一日であった。

 

サイトダウンロードプログラム。

 

 

Private Sub Command50_Click()
    Dim fn2  As Long
    
   '起動中のIEを閉じる場合
   If Not objIE Is Nothing Then
      objIE.Quit
      Set objIE = Nothing
   End If
    Set objIE = CreateObject("InternetExplorer.Application")
   
   objIE.Visible = True    'IE を表示
   
    Dim str As String
    Dim aDay As String
    
    '1日全体のHTML
    aDay = Format$(Now, "yyyymmddhhnnss")
    myURL = Text4.Text
    '少佐「イシカワ、HTML取得せよっ!」
    objIE.Navigate2 myURL
    StartTime = GetTickCount
    Do While objIE.Busy = True Or objIE.ReadyState <> 4
        DoEvents
        Sleep (100)
        StopTime = GetTickCount
    Loop
    
    Sleep (100)

    str = getHTMLString(objIE)
    
    'イシカワ「電脳に保存しました」
    fn2 = FreeFile
    Open "c:¥test¥" & aDay & ".dat" For Output As #fn2
    Print #fn2, str
    
    Close #fn2
    
    'https://keiba.rakuten.co.jp/odds/tanfuku/RACEID/201902181914110112
    
End Sub

  • 2019.02.18 Monday
  • 20:09

Comment
Send Comment








   
この記事のトラックバックURL
Trackback