Calender

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

Recent Trackback

w closet×JUGEM

競馬ソフトの作り方

1.コンピ指数データを取り込む

1.コンピ指数データを取り込む
具体的には、Webサイトの情報を自動で取得することである。

サイトをコピーして、手作業で情報を収集できなくもないが、そんな面倒なことはやってられない。

 

では、どうしたら、自動で収集できるの?

 

僕のプログラムでは、コンピの過去から現在まで、自由に収集できる。

面倒なことは、コンピューターにしてもらう。

 

そんな思いで、コンピ指数取得ツールを作りました。

 

コンピ指数が取得できたら、競馬に勝てるようになるの?

勝てません。

ですが、自動収集できたら、コンピ指数を持たないものよりも優位に立てるでしょう。

 

自動収集するプログラムは、言語は、なんでもかまいません。

エクセルのVBAでも、なんでも、たいてい、できるはずです。

 

ここでは、具体的なプログラムは掲載しません。

競馬ソフトの作り方の電子書籍を予約してもらった方だけの特権です。

 

簡単な流れは、Webサイトを解析して、サイトをダウンロードして、情報を解析、収集するだけです。

いうのは、簡単ですが、地道な作業です。

非常に面倒でした。

ですが、一度、作ってしまえば、Webサイトの構成が変わらない限り、永久に使えます。

 

書籍では、C#を使う予定です。

無料で使えるプログラミング言語です。

 

現在のコンピ指数取得ツールは、VB6で作成しています。

逆コンパイラを持っていると解析できるでしょう。

 

まあ、ほとんどの人は、逆コンパイラをもってないでしょうけど・・・。

僕は、自分のプログラムのソースコードを紛失したときのために購入しました。

海外しか販売してないので、外国の方と電話でやりとりした思い出があります。

つたない英語で、なんとかなりました。

人生で英語が唯一、活きた場面でしたね。

 

今回、古いパソコンを処分するために、その逆コンパイラをインストールしたパソコンの

ハードディスクを取り出しました。

開発用に残す唯一のノートパソコンに接続しましたが・・・。

やはり、逆コンパイラは動作しませんでした。

なんらかの形で、インストールされたパソコンしか使えないようです。

 

そこで、販売元に英語でメールを書きました。

これも人生初。

あ、去年、一度、仕事で英文でメールのやりとりをしたから、2回目。

 

なんとか通じて、返信がきました。

「別のパソコンにインストールするには、金払え」という内容でした。

もっと、穏やかな表現ですが・・・。

 

1年間の使用で7500円ほどでした。

購入した当時は、永久に使用できたんですけどね。

どこもかしこも、サブスクリプション。

まあ、時代の流れというやつですね。

 

僕の開発したオーケー馬も、いずれ、サブスクリプションで販売を検討してます。

 

今日は、娘の重要な日。

がんばれ、娘!祈ってるよ。

 

  • 2020.02.10 Monday
  • 06:53

Comment
Send Comment