Calender

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

Recent Trackback

w closet×JUGEM

books

TOIECの本

依頼された本。購入。

  • 2014.03.30 Sunday
  • 18:08

books

あさりちゃん

あさりちゃんがついに最終回を迎えた。100巻が最終巻。
子ども向け雑誌かなにかの著者インタビューで知った。
子どもがいなければ、知り得なかったであろう。
  • 2014.03.15 Saturday
  • 08:40

books

カセットコンロ1台で作れるかんたん! サバイバルごはん

参考になる箇所があって、サバイバルごはんにかかせない書籍。

 
  • 2014.01.26 Sunday
  • 08:48

books

本谷有希子の この映画すき、あの映画きらい

完全にスルーしていた映画がわかって良かった。 読んでよかった書籍。
  • 2014.01.26 Sunday
  • 08:43

books

マーフィーの成功本

暑い!扇風機が欲しい・・・まさに熱帯夜。
といえば、本田美奈子ことミナコリン、忌野清志郎さんを思い出す。
ミナコリン、好きなシンガーです。かっこいい。もう、こんな可愛くて、かっこいい女性は出てこないんだろうなー・・・

忌野清志郎さんって、曲を提供する時って、いつも、だじゃれなので、好き。
パーティーを抜け脱走、とか。ステキすぎ。


  • 2013.06.15 Saturday
  • 02:55

books

DVD付き 為末式かけっこメソッド 子どもの足を速くする!を購入します。

新聞広告にのっていた書籍。
おそらく、3つのポイントは、店頭で3分もあれば記憶できる内容だと思われる。

ということで買う必要はない、と奥さんに言ったら・・・

DVDの映像やカードの絵など、イメージで伝えることは子どもにとって
のみこみやすい、だから、買う、とのこと。
なるほど。
子どもに理解してもらう、という点で、DVDやカードのおまけが重要なんだ。

ということで、今から、この自分のブログのリンクから購入します。

成果は、追って、ご報告できるかと。


  • 2013.04.15 Monday
  • 07:13

books

毎日聞く成功法則

シークレット本です。

ぼくは、書籍を読んだあと、DVDの方を毎日、通勤中に聞いてます。
DVDの映像は、もう、頭の中にあるので、音だけを聞いています。
1回観たら、もう、観る必要なんてないんじゃないの?と思われるかもしれません。

でも、2回目以降にも、なんらかの発見があるものなのです。
これは、音楽もしかり。
電気グルーヴの「人間と動物」も毎日、聴いていますが、発見があります。
作り込まれたものには、毎回、なんらかの発見があるものです。



  • 2013.04.14 Sunday
  • 06:25

books

企業が「帝国化」する、を読み始めた

まだ、序盤だが、かなり面白い内容だ。

なにが面白いかって、著者は元アップル社員で好待遇だったから、金持ちだろうなー、と思ってたが、退職してから、いろいろと大変なアメリカ事情が書かれているのだ。

ぼくは、以前から、携帯電話やテレビ、電子レンジなどは、誰かが、自分たちを奴隷にするためにツールだろう、ということをぼんやりと考えていた。
そんなようなことが、最初の方で書かれており、そうそう、と同感した。

そういうことは、新聞、テレビ放送では、一般的は御法度だから、やはり、書籍でしか、このような面白い情報は得ることができない。

Webサイトでも、断片的な情報はあるかもしれないが、やはり、情報は、まとまってこそ、価値がある、と思う。
※ネットの情報は、ちょこっとしたことなら、利用価値があるが。

ダウンタウンの松本人志と中居正広が出演している「伝説の教師」を久しぶりに見直している。
現在の問題をドラマでは、結構扱っている。
「人が話してる時に携帯電話使うな!」と、きれる松本人志が最高。



  • 2013.04.05 Friday
  • 05:08

books

ヒゲとラクダとフンコロガシ―インド西端・バルナ村滞在記を読了

電気、ガス、水道が完全にない生活・・・理想だったが、現実にそんな環境で生活している部族がいた。衝撃だった。

しかも、彼らは、我々と異なり、自分の所有物、というものを持たない。
究極の助け合いの精神。

一度、電気、ガス、水道を手に入れると、人間は、どんどん落ちていく、ということをこの本を読んで思った。
元々は、人間は、生まれた時は、何も持っていない。
所有することで、次々と欲しくなる。そして、手に入れるためには、奴隷のように、時間を売って、家族との時間を減らして、働くしかなくなる。

何が幸せか?私は、家族といる時間が1番大切だ。
資本主義社会の奴隷からの脱却が今の最大の関心事。


  • 2013.03.29 Friday
  • 05:00

books

競馬と野球賭博

競馬の予想屋、予想会社は、ずいぶん興味ある職業である。
それらの突撃インタビューが楽しい本だ。
役立つ情報も満載。
かつて、お笑い芸人の野沢直子の親父が競馬の予想でビルをひとつ建てた、という噂を聞いたが、納得できる。
ビルをひとつ建てた、という話は、わかりやすいよねえ。すごい伝説として。
余談だが、最初のカプコンビルは、魔界村のヒットで建てた、というのをカプコン在籍時に聞いた。

野球賭博は、これまた、楽しい話が満載だ。
ギャンブルの中の1種目、という表現が面白い。種目。
コクのある遊び、という表現も気に入った。
そして、野球賭博が、競馬より楽しい、というのも、よくわかった。
エンターテイメントを仕事にしている人は読んでみると良いだろう。
携帯電話のメールやスマホのゲーム、2ちゃんねる、ツイッター、ソーシャルゲームなど、依存させる商売も競馬も野球賭博も似たようなもんであろう。

スマホでパケ放題で月間5000円以上払って、費用対効果があるなら、理解できるが、ほとんどの人が、通勤中のひまつぶしとか、どうでもよいことに使用していることだろう。
私は、無駄金を使うのが嫌いなので、パケ放題とは無縁だ。
ネットより本の方が、お金をかけた情報がまとめられて読めるので楽しい。

ネットの情報やソーシャルゲームは、終わりがないのも嫌いな要素のひとつである。
技術情報を調査していて、ネット検索していると、思わぬ面白そうな情報につられて、脱線してしまいそうなことがよくある。危険である。危うく、時間泥棒に時間を奪われるとこだった。
ソーシャルゲームは、エンディングがない。これも、時間泥棒だ。
1年ほど前くらいに、ソーシャルゲームの調査のため、プレイしてみたが、本当にやばかった。ミイラ取りがミイラになる、という状態になりかけた。
1分あれば、ゲームを進めたくなる衝動にかられるのだ。
Sレアカードを1毎ゲットして、ソーシャルゲームの仕組みを十分理解した時点でデータを全て、削除した。

ソーシャルゲームの恐ろしさは、データだと思う。
今まで費やしてきた(課金してきた、時間を浪費してきた)ものを捨てるのは、もったいない。だから、スマホ上から削除できない。
私は、スパッと削除したが。こんなものあると、大切なことに集中できない。

たぶん、スマホを持って、パケ放題しちゃうと、私もネットで無駄な情報を見て、時間泥棒に時間を奪われることだろう。だから、通勤中にスマホでネットやゲームをする人の気持ちは理解できる。
パケ放題だから、ネットを使えば使うほど、使用時間当たりの単価は安くなり、得をしたことになると考えるから。まあ、そこまで、せこい人はいないか?

昨日の仕事帰りに、近所にあったWillcomとイーモバイルの店舗で端末の価格や月額契約料金の話を聞こうとしたが、両方の店共に潰れていた。がーん。
Willcomとイーモバイルの家から1番近いショップは、休日しか行けない場所にあることまで確認できた。

美術館へスコープドッグを観に行くついでにショップに寄ることにしよう。
大河原邦男さんの展覧会で、ボトムズのロボット実物大に会えるぞ!いやっほい!!

  • 2013.03.28 Thursday
  • 05:16