Calender

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

Recent Trackback

w closet×JUGEM

horse racing handicapper

複勝必勝法のマトリックスシートから

複勝で勝つための必勝法。
その方法をより詳細に見つめ直し、拡大したものが、マトリックスシート。
毎日、少しずつ、調査していく。
今日は、コンピ2番人気の調査。

複勝120%回収率必勝法の書籍は、12万円で販売する予定だった。
1点1万円で、年間12万円の利益が得られる方法。
つまり、2年目からは、すべて、利益。
という予定だったが、奥さんから、だめだしをくらった。

5000円にしなさい、と。
なので、価格は、5000円。
内容は、その分、薄めるつもりです。
24巻そろえると、完全に必勝法がつかめるようにします。
すると、お客様も奥さんも文句はないはず。

win:26
total:48
hit rate:54.1666666666667
win $:4980
bet $:4800
money rate:103.75
的中率54%で、回収率100%超え。
 
  • 2015.06.25 Thursday
  • 05:09

horse racing handicapper

コンピ指数1位の複勝回収率

コンピ指数1位の複勝回収率は、いかほどか?
取れたレース:4401
レース数:7216
的中率:60.9894678492239
払い戻し:607630
賭け金:721600
回収率:84.2059312638581

このような結果となりました。
 
  • 2015.06.24 Wednesday
  • 04:52

horse racing handicapper

複勝1点必勝法の現在までの回収率のグラフ



上のグラフは、僕が現在、賭けている馬券の回収率のグラフです。
的中率は、20%
回収率は、127%
心が折れるほどの連敗をしないので、安心して賭けることができます。
※ちなみに、最大連敗した時に、欲を出して、賭け金を5倍にして、焦りました。
人間、欲を出すと、ろくなことがないですね。

この必勝法を欲しがる人って、どのくらいいるのかなあ?
いくらだったら、買うんだろうなあ?
僕は、他にも、必勝法を開発しているので、上記の必勝法をそろそろ、書籍にする予定です。
書き上げるのが、7月7日の予定です。

いくらだったら、買いますか?

書籍は、Kindle版とPDF版、紙にプリントして配送する方法を考えてます。
ご意見をお待ちしております。

余談
いま、dTVで、カイジをみています。
面白いですねえ。
コミックをTSUTAYAレンタルで一気読みしたいー!!
 
  • 2015.06.23 Tuesday
  • 05:03

horse racing handicapper

勝ち馬統計学

書籍「勝ち馬統計学」をざっくりと読んだ。

わかるようなわからんような。
そんな印象を受けた。
タイムを重要視しているようだ。

統計学っていうところで、ある程度、信頼性はありそうだが、
プログラムに落とし込むには、面倒な内容に見受けられた。
 
  • 2015.06.22 Monday
  • 05:09

horse racing handicapper

締め切りn分前の単勝オッズ、複勝オッズの取得プログラムの一部

毎日、早朝4時から1時間弱を競馬の研究にあてています。
13年くらいで、必勝法は完成しました。
プログラムは、希望者があれば、販売することも考えます。

販売に対する唯一の懸念事項は、馬券買えば、儲かるのに、なんで売るの?ということ。
正直、売るつもりはないです。

しかし、日本のプログラム作成能力は、世界からすれば、かなり落ちこぼれの部類に入ります。
Googleの創設者など、彼らは、小学生から、プログラミングをしていました。
僕も小学生5年生で、機械語でゲーム作ってました。
ちなみに、最初に作ったのは、競馬ゲームです。

スコア表示で、16進数を10進数に変換して、表示する、というところで躓いて、ファミコンという安易な快楽に
足を踏み入れてしまいました。
もし、あのとき、しつこくやってれば、ドラゴンクエストを開発したチュンソフトの中村光一さんくらいに
なれたかなー、なんて、ぼんやり思ったりします。
僕の学校で、機械語でゲーム作れたのは、僕一人、っていうくらい、当時は、プログラムを作成する人はいなかったのです。

だから、競馬を通して、ちょっとでも、プログラミングに興味を持ってくられたらなあ、と思ってます。
プログラミングに興味を持てなくても、あらゆる勝負に勝つ方法を学べます。

安易な快楽、今なら、スマホでゲームをしてる学生を見てると、もったいねーなー、と思ってしまいます。
プログラミングができたなら、親に馬券を買わせて、自分は、馬券の勝ち分から、お小遣いをもらうってことも考えられます。

世界中の若者が、一攫千金を夢見てる現状。
日本だけ、大丈夫?と思ってしまいます。
個人でも、プログラミングできたら、稼げるチャンスは一杯あります。


Public Function getJK_ZuretanOdds(pYMD As String) As Boolean   'yyyymmdd+jyocd+kaiji+nichiji+raceno
    '条件に合致するレースと馬番の取得
    Dim cg As New GaussJ
    Dim a() As Double
    Dim n As Long
    Dim i As Long, j As Long, k As Long
    Dim ex As String
    Dim lYear               As String
    Dim lMonthDay              As String
    Dim lJyoCD              As String
    Dim lRaceNum            As String
    Dim odds() As String
    Dim ninki() As String
    Dim bet_odds() As String
    Dim Umaban() As String
    Dim win_umaban As String
    Dim ret As Boolean
    Dim wk As Double
    Dim lstrDb As String
    Dim llngRet As Long
    Dim bet As Long
    Dim odds_limit As Long
    Dim get_money As Long
    Dim zure(4) As String
    Dim zureX As String
    Dim last_flg As Boolean
    Dim hit As Boolean
    Dim tosu As Integer
    Dim head As String
    Dim KakuteiJyuni As String
    Dim cnt As Integer
    Dim dcnt As Integer
    Dim hitcnt As Integer
    Dim jikoku As String
    Dim Odds_asa() As String
    Dim Umaban_asa() As String
    Dim Kumi As String, calc_kumi() As String, calc_odds() As String
    Dim betTime As String
    Dim HassoTime As String
    Dim breakHappyoTime As String
    
    getJK_ZuretanOdds = False
    
    'yyyymmdd+jyocd+kaiji+nichiji+raceno
    lYear = Left$(pYMD, 4)
    lMonthDay = Mid$(pYMD, 5, 4)
    lJyoCD = Mid$(pYMD, 9, 2)
    lRaceNum = Right$(pYMD, 2)

    '発走時刻取得
    gstrSql = ""
    gstrSql = gstrSql + "select HassoTime "
    gstrSql = gstrSql + "from race Where "
    gstrSql = gstrSql + "Year = '" & lYear & "' and "
    gstrSql = gstrSql + "MonthDay = '" & lMonthDay & "' and "
    gstrSql = gstrSql + "JyoCD = '" & lJyoCD & "' and "
    gstrSql = gstrSql + "RaceNum = '" & lRaceNum & "' "
    ' テーブル名を指定してレコードセットを作成する
    Set Rs = db.OpenRecordset(gstrSql, dbOpenDynaset)
    
    If Rs.EOF = False Then
        HassoTime = Rs("HassoTime")  '
    Else
        Exit Function
    End If
    
    'zure
    zure(0) = "0100"
    zure(1) = "0400"
    zure(2) = "0600"
    
'    For i = 0 To UBound(zure)
    For i = 4 To 4
        zureX = zure(i)
        jikoku = lMonthDay & zureX
        
jikoku = lMonthDay & gfGetZureTime(HassoTime, 6)
        
        ret = getOdds_jikoku2(lYear, lMonthDay, lJyoCD, lRaceNum, _
                      gOdds(), gNinki(), gfukuNinki(), gFOdds(), gUmaban(), jikoku)
        If ret = False Then
            Exit Function
        End If
        
        For j = 0 To UBound(gUmaban)
            '更新junjun
            gstrSql = ""
            gstrSql = gstrSql + "update uma_race set "
            gstrSql = gstrSql + "tanodds" & CStr(i + 1) & " ='" & gOdds(j) & "', "
            gstrSql = gstrSql + "tanninki" & CStr(i + 1) & " ='" & gNinki(j) & "', "
            gstrSql = gstrSql + "fukuninki1 ='" & gfukuNinki(j) & "' "
            gstrSql = gstrSql + "where "
            gstrSql = gstrSql + "Year = '" & lYear & "' and "
            gstrSql = gstrSql + "MonthDay = '" & lMonthDay & "' and "
            gstrSql = gstrSql + "JyoCD = '" & lJyoCD & "' and "
            gstrSql = gstrSql + "RaceNum = '" & lRaceNum & "' and "
            gstrSql = gstrSql + "Umaban='" & gUmaban(j) & "'"
            '
            db.Execute gstrSql, dbFailOnError
        Next j
    Next i
    
    getJK_ZuretanOdds = True
End Function
  • 2015.06.21 Sunday
  • 06:22

horse racing handicapper

今日から始める最低人気の馬券で回収率100%を超える簡単な方法の検証と実践

16頭立てのレースで、締め切り6分前の単勝オッズ16位の馬券を任意の条件で買い続けた時の検証結果をしました。
下記のグラフが、結果です。
さあ、今すぐ、はじめよう!

  • 2015.06.21 Sunday
  • 04:36

horse racing handicapper

16頭立てレースの単勝人気16位の複勝で回収率100%を超える方法

以下の3つの条件で馬券を買う。

1.「誰も買わない馬券」を買う=最低人気の馬券
2.オッズが低いものは、買われている、ということ。オッズが高いものを買う。東条理論を使うべし。
3.馬券を買い続ける。予測金額、あるいは回数を超えたら、やめる。

以下のグラフは、16頭立てレース(新馬戦、障害をのぞく)の締め切り6分前の単勝人気16位のオッズ順です。
三角マークは、複勝馬券です。
全体の8割〜9割のところだけを確認すると・・・

レース数2544レース中254レースが対象となる。つまり、最大1割のレースに参加する。
8割〜9割の単勝オッズは、29120円〜34580円です。
254レースすべてのレースに参加したら、回収率は、93.58%です。
複勝は、5回的中してます。
ですから、的中回数が5回以内で、回収率が100%を超えた時点で、やめること。


  • 2015.06.21 Sunday
  • 04:18

horse racing handicapper

駄馬で勝てるか?

駄馬を以下のように定義しました。

16頭立てのレース(新馬、障害をのぞく)
コンピ指数16位
締め切り6分前の単勝オッズ16位

そのときの複勝の結果は、以下の通りです。

win:10
total:990
hit rate:1.01010101010101
win $:38870
bet $:99000
money rate:39.2626262626263

的中率が1%
回収率が39%

一見すると、駄馬は、やっぱり、儲かりません・・・と考えるでしょう。
しかし、本当にそうでしょうか?

バリ島のアニキは、最初、コーラを売ってました。
ぬるいコーラしか、売ってないので、冷たいコーラなら、売れるだろう、と。
馬券も同じです。
誰も買わない馬券こそが、おいしいのです。

例えば、縁起の悪い数字の三連複馬券なども、そうです。
ギャンブルの必勝法の講義でも、語られております。

いかに、誰も買わない馬券を探し当てるか・・・競馬の必勝法は、これに尽きます。
そこそこに勝てる馬は、的中率は高い分、回収率も、そこそこになります。

では、駄馬では、どうでしょう?
たまに、複勝になる馬券を狙うことができれば、確実に回収率100%超えを達成できるでしょう。
↓のグラフを見て、「なーんだ、簡単に儲けることができるじゃん」と思った方は、実践あるのみ。
ただし、待つ忍耐力が必要ですが。
グラフは、X軸が、時系列。
Y軸が、払い戻し額です。
  • 2015.06.20 Saturday
  • 09:14

horse racing handicapper

締め切り6分前の単勝オッズ8番人気の複勝回収率は?

締め切り6分前の単勝オッズ8番人気の複勝回収率は?
6分前のオッズごとに、回収率をだしてみました。
X軸がオッズを10倍したものです。
Y軸が回収率です。
回収率が、−100のものは、オッズがなかったものです。

  • 2015.06.20 Saturday
  • 05:09

horse racing handicapper

中央競馬の複勝予想 2015/06/20

昨日の南関競馬は、外れました。
まあ、年間での収支120%確定をめざしているので、日々の結果は、気にしませんが。

中央競馬の複勝予想です。
函館
09R  06
11R  08

東京
03R  09
11R  11
12R  11

阪神
03R  12
04R  12
07R  02
08R  08
10R  12
11R  09
12R  03

 
  • 2015.06.20 Saturday
  • 04:07